• HOME
  • 相続・遺言について
  • よくある質問
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 事務所紹介
  • お問い合わせ
遺産・相続に関しては弁護士にお任せください。
  • contents menu
  • 相続とは
  • 遺言について
  • 遺留分とは
  • 相続の対象について
  • 遺産分割について
  • 遺産分割の流れ
  • 寄与分と特別受益について
  • 相続税について
  • 相続と登記
  • 最後に

事務所のご案内

立川本店
東京都立川市柴崎町3-8-5
立川NXビル2階
立川駅南口より徒歩3
042-512-8774
所沢支店
埼玉県所沢市東住吉9-5
ARAIビル2階2-B
所沢駅西口より徒歩6
04-2936-7500
川越支店
埼玉県川越市脇田本町11番地27
地研ビル2階
川越駅西口より徒歩5
049-257-5791

事務所サイトへ

相続とは

相続とは自然人の財産などの様々な権利・義務を他の自然人が包括的に承継することです。簡単に言うと被相続人の死亡により、被相続人の財産上の地位を相続人が受け継ぐということです。被相続人とは亡くなって相続される人をさしており、相続人とは生きていて相続する人のことをいいます。

被相続人が亡くなった時点におけるすべての財産が遺産として相続の対象になるので、内容は様々で、典型的には、不動産や預貯金、株式、現金、自動車などですが、相続においてはプラスの財産だけではなく、借金のようなマイナスの財産も引き継ぎます


相続はいつ起きるか?

相続は、被相続人が死亡したことで生じます(民法882条)。条文では「開始する」となっていますが、 徐々に進むようなものではなく、開始と同時に終わるものなので、「死亡と同時に生じる」と言ってよいでしょう。

ところで、「親が亡くなったけどまだ相続はしてません」という話を聞くことがあります。良く聞いてみると、土地などの財産を分けていないということのようです。
そうすると、上記の表現は法律的には正しくありません。相続は、被相続人が死亡した時におきます。
それゆえ、複数の相続人がいる場合は、その時点から土地は共有になり、民法の共有の規定に従って管理等を行なっていくことになります。所有者としての権利を有すると同時に義務を負うことに注意が必要です。

上記のような例は、「相続は起きているけど、遺産の分割はしていない」というのが正しいことになります。

相続による共有と遺産分割について

相続人が複数いる場合、不動産、株式、などは、共有、準共有、の状態になり、遺産分割をするまでは、処分や利用に制約があります。 有効な遺言があれば、それに従って遺産分割をすればよいのですが、遺言がない場合や、遺言はあっても具体的な分割方法が指定されていない場合、等には、遺産分割協議をすることで初めて、共有・準共有の状態を脱して、権利を相続人の一人に帰属させることができます。

なお、銀行預貯金(郵便局の定額貯金等を除く)などの可分債権は、法定相続分に従って、各相続人に当然に分割されると解されています。つまり、一般的な預貯金については、実のところ、遺産分割協議をしなくても、法定相続分に従って払い戻しを受けられるはずです。ただし、理論的にはそうであっても、金融機関によっては一部の相続人からの任意での請求には応じない(訴訟で請求しないと応じない)場合もあり、また、実際には、遺産分割協議の対象とされることも多いようです。