• HOME
  • 相続・遺言について
  • よくある質問
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 事務所紹介
  • お問い合わせ
遺産・相続に関しては弁護士にお任せください。
  • contents menu
  • 相続とは
  • 遺言について
  • 相続の対象について
  • 遺産分割について
  • 遺産分割の流れ
  • 遺産分割の交渉
  • 遺産分割の調停
  • 遺産分割の審判
  • 遺留分減殺請求
  • 遺言無効確認訴訟
  • 他の相続人に対する不当利得返還請求
  • 寄与分と特別受益について
  • 相続税について
  • 相続と登記
  • 最後に

事務所のご案内

立川本店
東京都立川市柴崎町3-8-5
立川NXビル2階
立川駅南口より徒歩3
042-512-8774
所沢支店
埼玉県所沢市東住吉9-5
ARAIビル2階2-B
所沢駅西口より徒歩6
04-2936-7500

事務所サイトへ

相続の対象について

被相続人の死亡の時点におけるすべての財産が相続の対象となります。土地や建物などの不動産、銀行等の預貯金、株券、現金、人にお金を貸している場合の貸付金、など、さまざまなものが相続財産に含まれます。遺産分割の手続きに入るためには、まず、どのような遺産があるかを、調査して、確定しなくてはいけません。なぜなら、遺産に漏れがあると、新たに見つかった遺産について再度遺産分割手続きを行わないといけなかったり、場合によっては、遺産分割協議全体が錯誤により無効となりかねないからです。

この作業を、遺産の範囲の確定といいます。

上記のように、遺産分割協議においては、まず、遺産の範囲の確定ということが必要になるのですが、そのための調査は意外と手間がかかることもあります。

具体的な方法ですが、土地については登記簿謄本や名寄帳を取る、などの調査方法が考えられます。預貯金については、被相続人の残した通帳類を見るのが一般的ですが、最近は、通帳を発行しないネットバンキングも多いので、その場合は、ネットバンキングから送られてきた書類やカードなどがないか、やはり、遺品を整理して見つけることが近道だと思います。その他、家族が聞いていた記憶などから、どこの金融機関に預貯金があるかが明らかになる場合もあります。何らかの手がかりを得たら、相続人が、金融機関に直接問い合わせることで、相続時点の正確な資産額を知ることができます。
その他、有価証券については利用していた証券会社に、保険については加入していた保険会社に、問い合わせることが必要になってきます。いずれにせよ、預貯金、有価証券、保険、などは、まずは、遺品の整理や家族からの聞き取りが手がかりとなるケースが多く、地道な作業が必要です。

ここで、元々は被相続人の財産であったとしても、生前に他の人に贈与されていたものは遺産の範囲に含まれないことに注意する必要があります。例えば、祖父が子や孫に土地を贈与していた場合、その土地は相続財産ではありません(ただし、遺産分割協議においては特別受益の問題になりえます)。
遺産の範囲に争いがある場合は、調停や審判の前に裁判で確定させる必要がある場合もあります。詳しくはこちらをご覧ください。

なお、相続の対象となる財産には、不動産、現金、預貯金、株券などの積極財産だけではなく、 借入金、住宅ローン、損害賠償義務などのマイナスの財産も含まれます。ただ、住宅ローンは多くの場合、被相続人が亡くなった時点で保険で支払われます(ただ、案件により異なりうるので、確認が必要です)。

不動産
→ 土地、家屋、農地、山林など
動産
→ 現金、預金、自動車、家具、貴金属、美術品など
債権
→ 借地権、借家権、貸金債権、売掛金債権、有価証券、電話加入権
 退職金、被相続人が受取人となる生命保険金請求権など
無体財産権
→ 特許権、著作権、商標権、意匠権など
債務
→ 借入金、損害賠償債務など
多くの場合、問題になるのは、土地や家屋などの不動産、預貯金、現金、株式などの有価証券、等だと考えられますが、事業を行なっていた方の場合等には、さまざまな財産(自社株式、売掛金請求権、著作権等の無体財産権、など)を持っている場合も珍しくないので、資産の調査は特に丁寧に行なう必要があります。

また、このように、様々な種類の財産があるため、遺産分割までの管理も場合によっては手間がかかります。
遺産分割までは不動産の利用や売却、株式の売買、なども事実上制約があり、長引くことで経済的な不利益が生じることもあります。
そういう意味でも、早期の分割が望ましく、また、分割後の利用についても早めに計画を立てておくことも重要だと思います。例えば、土地などをとりあえず承継しても、その後、どのように利用するかを考えておかないと、かえって管理や固定資産税などの関係で負担になりかねません。



相続放棄・限定承認

ところで、基本的に、積極財産よりマイナス財産の額が多いときでも、全ての債務を受け継ぐことになります。それを避けるためには、積極財産、消極財産のどちらも受け継がないための手続き(相続放棄)をとることが考えられます。


また、限定承認という方法もあり、これは、相続の段階で、プラスの財産とマイナスの財産のどちらが多いかわからないとき、限定承認をすれば、 債務のほうが多いときは、引き継がなくて済みます。ただ、相続人が複数いると、全員でする必要があるので、使いづらい制度だとも言われます。
相続放棄、限定承認とも期間の制限があるので、注意が必要です。
*また、相続財産を処分すると単純承認とみなされ、以後放棄や限定承認が出来なくなります。