• HOME
  • 相続・遺言について
  • よくある質問
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 事務所紹介
  • お問い合わせ
遺産・相続に関しては弁護士にお任せください。
  • contents menu
  • 相続とは
  • 遺言について
  • 相続の対象について
  • 遺産分割について
  • 遺産分割の流れ
  • 遺産分割の交渉
  • 遺産分割の調停
  • 遺産分割の審判
  • 遺留分減殺請求
  • 遺言無効確認訴訟
  • 他の相続人に対する不当利得返還請求
  • 寄与分と特別受益について
  • 相続税について
  • 相続と登記
  • 最後に

事務所のご案内

立川本店
東京都立川市柴崎町3-8-5
立川NXビル2階
立川駅南口より徒歩3
042-512-8774
所沢支店
埼玉県所沢市東住吉9-5
ARAIビル2階2-B
所沢駅西口より徒歩6
04-2936-7500

事務所サイトへ

他の相続人に対する不当利得返還請求

生前に相続人の一人が被相続人の預貯金を無断で使っていた場合には、他の相続人は、それによって遺産が減ったうちの、自己の相続分に相当する分を引き渡すように求めることができます。
ただし、被相続人が承諾しての贈与であれば、特別受益の問題にはなりえますが、原則として不当利得にはなりません。
また、相続後においても同様に問題が生じえます。
もっとも、不当利得返還請求という構成をとらずに、遺産分割の中で考慮して解決するという場合もあります。